自由に造る注文住宅

イメージをしっかり伝えよう!

注文住宅を建てる際には“イメージ”をしっかり伝えよう!

注文住宅を建てる際には“イメージ”をしっかり伝えよう! 一戸建て住宅は、マイホームの購入希望者にとってあこがれです。一戸建ての中でも特に注文住宅は、自分たちの家に対する希望を反映させることができ、こだわりの家を建てたい人に人気です。
しかし、せっかく注文住宅にしたのに家に対するイメージが固まっていないと、実際に家を建てたときに思っていたものとちょっと違う、ということにもなりかねません。
人生で最も高い買い物と言われるマイホーム、せっかく大金を使って注文住宅にするのですから、自分たちの生活スタイルにピッタリあったものにしたいですね。
注文住宅では、家の設計を開始する前に業者と打ち合わせする機会があります。
その前に、ご家族みんなで、家に対する希望やどのような家にしたいのかというイメージを固めておき、業者との打ち合わせの際に、それをしっかり伝えることが大事です。
また、設計が開始した後も、何度も業者と打ち合わせしていく機会はありますので、言い忘れていたことがあれば、早めに伝えていくようにしましょう。

家族がのびのび暮らせる「注文住宅」の条件

家族がのびのび暮らせる「注文住宅」の条件 家族がのびのび暮らせる注文住宅とは、家族の生活と合ったプランニングがなされているものです。
注文住宅は間取りが自由に出来るメリットがあります。反面、間違った間取りをつくってしまうこともあります。
家族がのびのび暮らすためには、間取りで背伸びをしないことが大切です。それまでは、子どもたちは居間で勉強していたのに、新築で勉強部屋をつくったとしても、そこで勉強するようになるとは限りません。
のびのびした生活のためには、家族の生活実態に合わせて間取りをつくることが必要となります。
居心地の良い間取りは、家族によって異なります。真に居心地が良くなければ、窮屈な生活を強いられることになります。
注文住宅で間取りを考える場合は、間取りを外部に求めるのではなく、家族の生活の中に求める必要があります。
家族がどんな空間にいるときが最も居心地が良いかを見つけ出し、それに合った空間をつくることで、家族の生活が活性化することになります。

Copyright © 2016 自由に造る注文住宅 all rights reserved.